HOME > Q&A

Q&A

Q:練習は必要ですか?

A:もちろん必要です。(笑)
毎日時間を決めて、毎日練習するという習慣がつけば、上達はかなりします。
でも毎日よりも一週間、一週間よりも一か月、一か月よりも一年、一年よりも十年、という継続の方が必要です。

Q:練習してなかったら?

A:それならレッスンの時に練習してください〜。
「練習できてないからレッスンに来れない」って、そんなもったいないこと・・・。レッスンに来られて一緒に練習しましょう。

Q:楽譜選びは?

A:楽譜は生徒さんに合ったものを選んでおります。
子供さんには、音符が大きくて、読みやすく、見ただけでも楽しく、弾いても楽しめる曲集を選んでおります。私が楽しくないと楽しくないですから、まずは私のお気に入りのものから選んでもらってます。
大人の生徒さんは、なじみのある曲で、指のことも考えられた弾きやすい曲集を選んでおります。

Q:楽器は必要ですか?

A:楽器がないと練習はできないですからね。「練習はしたくない!」って方ならいいんですが・・・。(笑)
でも練習したくなるはず・・・。

Q:電子ピアノでいいですか?

A:電子ピアノは、野球で言えば、おもちゃのバットのようなもの。それでいくら練習していても、試合にでればどうなるか、想像つきますよね。本物の良さは使ってみないとわかりません。

Q:ピアノって無駄?

A:無駄というのはなんとなく買ってしまったもののことだそう。まずは電子ピアノでいいわ!って、実はこれが一番無駄遣いかもしれませんね。(汗)
やる気があって始める子供さんが上達するために、そしてご両親に喜んでもらいたいと頑張る子供に、本物の道具をきちんとそろえてあげてください〜。

Q:中古でもいいの?

A:中古のアップライトでも構いません。買ってあげてください。ピアノを購入されたお子さんは100%、次の発表の場での演奏が一気に上達してますから・・・。(*^^)v

Q:マンションなのでピアノは置けません

A:子供が弾く音は思ったほど うるさくありません。多くの方は強く打鍵して弾くので、音よりも打鍵の雑音がかなりするのですが、私はソフトタッチの弾き方を教えてますので打鍵の雑音がない方法です。これは音楽的にも優れた奏法です。
それでも気になるという方は、みなさん、サイレントという機能を付けたり、防音室にされています。

Q:レッスンに保護者が付き合わなくても大丈夫?

A:大丈夫ですよ。1人でもご一緒でもレッスン内容は変えておりません。

Q:練習は付き合わないといけないの?

A:保護者に宿題を押し付ける教師はたくさんおられますが、私はしません。ご安心を・・・。
付き合わないといけないかどうかですが、中には1人で練習できる子もいますが、多くの子は一人ではなかなか難しいかもしれませんね。でも出来るようになるまでゆっくり時間をかけて指導しています。

Q:ピアノを始める適齢期は?

A:「ピアノをやってみたい」こう思った時が適齢期です。3歳でも、5歳でも、7歳、10歳、15歳、20歳、40歳、80歳でも・・・。適齢期は人それぞれです。

Q:上達するには?

A:いつまでも応援し続けてあげてください〜。どんな方でも応援者がいないと萎えてしまいますからね。
人と比較しないで、ずっと見続けてあげてください〜。